2020年9月28日
  • 埼玉県春日部市唯一の「癒し専門」ヨガスタジオ。だからこそ、はじめての人も、一度挫折した人も、男性も女性も安心してヨガをお楽しみいただけます。『癒しヨガ』は体を緩ませ、心をゼロにリセット。新しい自分へ変わるヨガです。

「怒りと疲れ」の意外な関係性

「扁桃体ハイジャック」から脳を守ろう!

怒りというのは、
脳が自分を守るために発動させる
『緊急モード』の1つ。

脳の「扁桃体」は外部から過度の刺激を受けると
脳全体を乗っ取って暴走を始めます。
扁桃体ハイジャックとも呼ばれているそうで、
実はこれが怒りの正体なのです!

扁桃体が暴走をすると、
アドレナリンが分泌されて
脳の思考活動が抑制される。
だから!
前後の見境が無くなったりするのです。
 


怒りは瞬間的な感情で、
背景が複雑だったりする。
こういう時はあるステップを踏んで
衝動をコントロールしましょう。
 

◆これに効く!
・怒りの鎮静
・欲望のコントロール
・衝動の抑制
・ダイエット
・禁煙

 
◆やり方

①認識する
 「あ、怒っているな、自分!」
 自分に怒りが起きているのを認識

②受け入れる
 「仕方ない。人間だもの」
 事実に価値評価をつけず許す

③検証する
 「なぜ怒ったのかな?」
 体に何が起きているか
 心拍や身体の緊張など

④距離をとる
 「怒りがおさまるといいですね」
 感情を個人的にとらえず、
 他人事で怒りを突き放す

つまり、
自分が怒りを感じているという事実をあるがままに受け入れて、
自分の身体に起こっている変化に注意を向けるわけです。

いつも通り、呼吸を意識してみてもいいし、
イマココに留まります。
 
このやり方は、
怒りに限らず、
あらゆる衝動にも有効とされています。

甘いものを食べたい、
タバコを吸いたい、
というような
衝動的願望は波のように押し寄せてきたときに
それを事実と受け入れながら、
体に起きていることを観察しましょう。
 

目的意識が高い人ほど、
心のゆとりがなくなり、
衝動に走りやすいと言われています。
 
少し力を抜いて、
山頂ばかりをみて進むのではなく、
周りの景色を楽しみ、
足元に生えている草花も慈しみ、
イマココの空を見上げる。
心地の良い空気を清々しい青空。
 
心の中のゆとりを生み出しましょう。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。