2020年11月26日
  • 埼玉県春日部市唯一の「癒し専門」ヨガスタジオ。だからこそ、はじめての人も、一度挫折した人も、男性も女性も安心してヨガをお楽しみいただけます。『癒しヨガ』は体を緩ませ、心をゼロにリセット。新しい自分へ変わるヨガです。

背骨の大切さを意識しよう

前回のブログでは、基本の3つの動きについてお伝えしました。
実はその3つの動きの共通点があります。

それは・・・・

全て背骨を軸に考えられている

ということ。

 
背骨はヨガでは、最大のエネルギーの通り道とも言われる部位。
ヨガのポーズの目的や効果は、背骨への刺激がほとんどです。

 
「この肉体のなかにメール山があって、七つの島に囲まれている。
 そこには河があり、海があり、山があり、田地があり、領主がいる。」

『続・ヨーガ根本経典』シヴァ・サンヒター2・1の表現です。


 

ここに出てくる「メール山」が背骨のこと。
背骨にある「7つの島」とはチャクラ。
「河」とは、脳髄液。
「海」は、ナーディといわれる全身を流れる体液などの水エネルギーの働き。
「田地」は、臓器や筋肉などの地エネルギーの働き。
「領主」は、私たち、ヨガを行うものが目指す真の自己。

 
身体の中心にそびえる「山」である背骨の健康を保つことが、
身体の中の様々な自然要素のバランスを取るために重要なのだと
考えられていることを理解できますね。

 
ただ起立をしている「山のポーズ」ですが、
その時は背骨に意識を向けて。
左右に傾き過ぎていたり、前かがみになっていたり、
捻れていませんか??

こうした身体の癖は、
背骨である「メール山」がそびえにくい状態!
 
河の流れが滞ったり、田地がアンバランスになったり、
海が堰き止められたり、
身体にトラブルをもたらします。

 
まずは自分自身の身体の軸、背骨を意識して、
ヨガのポーズやエクササイズに取り組んで見ましょう!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。